美容医療で行う肝斑のシミ治療

by author


TOP > 美容医療で行う肝斑のシミ治療


シミにはいくつかの種類がありますが、肝斑は女性ホルモンの影響によってできるシミと考えられています。
と言うのも、ホルモンバランスが不安定になる30代から40代の世代や、妊娠している人、ピルを服用している人、そして更年期の人に、肝斑ができやすい傾向があるからです。

また、閉経すると肝斑が薄くなったり、なくなったりすることからも、肝斑と女性ホルモンの関係を理由づけることができます。
肝斑の治療には、内服薬、外用薬、レーザーがありますが、シミの状態によってそれらを組み合わせた治療が行われることもあります。

内服薬では、トラネキサム酸が処方されます。

池袋のくすみ治療のマニアックな情報をお届けします。

服用し始めて1ヶ月くらい経つと、効果があらわれ始めますが、人によっては効果が出ない場合もあります。

トラネキサム酸がうまく作用すれば、数ヶ月で改善効果が期待できます。

そして、内服薬の他に、ハイドロキノンやトレチノインが配合されたクリームが処方されることがあります。

ハイドロキノンは強い美白効果があり、肝斑以外のシミにも効果を発揮します。

トレチノインは、肌の新陳代謝機能を高めることで、メラニンが排出されやすい肌環境を整えます。
また、肝斑にレーザー治療は向かないと言われてきましたが、最近登場したレーザートーニングは肝斑にも照射できるレーザーとして成果を上げています。



皮膚への刺激はかなり抑えられているので、穏やかに作用します。



即効性はないものの、内服薬と外用薬を組み合わせることで、高い治療効果が期待できます。